残業を減らすテクニックについて

残業が多い医療現場の場合、大半の看護師は連日のように残業をしています。しかし、中にはほぼ毎日定時通りに帰路に着く看護師もおり、「自分は残業ばかりなのになぜだろう?」と思う場合もあるかもしれません。同じように働いているつもりでも、何か足りていないことがあるのかもしれないと感じるときには、より手際よく働けるように工夫を重ねることが大事です。

スケジュール管理の仕方を変えたり、ルーチンで行っている作業の手順を再考したり、休憩時間に次の仕事の準備をしたりすることはよく行われる対策です。しかし、こういった対策をしてもやはり自分は残業ばかりで、別の人は定時通りに帰ってしまうという場合もあるでしょう。時には、自分の看護能力に自信を失うこともあるかもしれませんが、そんな時こそ、定時で帰っている看護師の働きぶりをよく観察してみましょう。

仕事を効率的に行う看護師は、余計な仕事を抱え込まないようにしたりして、自分の仕事の量を調節していることがあります。通常の仕事はこなしますが、時には頼まれたことを断ったり、自分のキャパを超える仕事がある時には、他の人にお願いしたりする姿勢を持つことも必要なのです。

看護師の仕事はハードなうえに、思わぬ雑務などが舞い込むことがあります。これを効率良くこなすためには、自分一人で抱え込まないようにすることです。もちろん人に頼ってばかりでは問題がありますが、無理のないように仕事の量をコントロールすることも看護師の職能の一つと言えるでしょう。このような職能を身につけておくと、転職などで新しい環境に身を置いたときにも、スムーズに仕事が進められるのではないでしょうか?